カードローン

今日借りるカードローンの申し込みなら!

安心できるカードローン会社は慎重に選びましょう!

当サイトでは、初心者でも安心できて、
その上、カードローン会社の選び方をお伝えします

 

様々な角度から、各カテゴリーを比較したカードローン会社を分かりやすく解説。

 

金利・融資までの速さやお得なキャンペーンなど、
自分のライフスタイルにあった会社を見つけてください。

 

 

カードローンは大きく分けて3つ

 

カードローンとは、クレジットカードやキャッシュカードで、指定された銀行口座を通じ、
一定の限度額の範囲内で、自由に繰り返し借りることが可能な融資のことを指します。

 

カードローンは、直接店舗での窓口はもちろん、
ATMやキャッシュディスペンサーで借り入れすることが可能です。

 

カードローンの返済方法の多くは一括払いではなく、分割払い(リボルビング払い)システムです。
消費者金融系カードローンの他に、銀行系カードローン・信販系会社カードローンがあります。

■銀行系カードローンの特徴

銀行系カードローンは、ズバリその名の通り銀行が提供しているカードローンサービスを指します。
一昔前はバンクカードとも呼ばれ、大手銀行から借りられる安心感と信頼感が大きな特徴です。

 

しかし、銀行系カードローンから融資を受けるには、メリットもデメリットも含れます。
では、これらを少し解説したいと思います。

 

まず、銀行系カードローン大きな特徴として、金利が安いことが挙げられます。
これは他のカードローンサービスと比べてみても圧倒的で、
この部分のアドバンテージは、断然銀行系カードローンにあります。

 

借り手側から見ると、金利も大きな魅力ですが、
銀行系カードローンの更なる魅力は、総量規制対象外の扱いとなるところです。

 

総量規制を具体的に云えば、もし年収が360万円であればトータルで120万円以上は
借りることは出来ませんが、銀行系カードローンはこの範囲を超える借入が可能なのです。

 

要は銀行系カードローンの審査に通れば、年収の1/3以上の金額を
借入することが可能ということなのです。

 

これは他のカードローンにはない、銀行系カードローンの大きな魅力といえます。

 

低金利で、しかも借入限度額が大きいのが銀行系カードローンの特徴ですが、
反面、審査条件が他のカードローンよりも若干厳しいというのもあります。
銀行系カードローンは、審査基準がパーソナルな信用を重視する傾向にあります。

 

こういった側面もありますので、他のカードローンと比べればややハードルは高くなるなります。
今すぐに借りたい!という方には不向きといえるでしょう。

 

しかし、ご自身に合った商品が見つかれば、銀行系カードローンは大きな支えとなるはずです。

■消費者金融系カードローンの特徴

消費者金融系カードローンの一番大きなメリットは、スピード融資ということです。
他の銀行系や信販会社系などのキャッシングを同じように行っている業者と比較すると、
一番スピーディーに融資が可能といえるでしょう。

 

消費者金融系カードローンを利用する人は、このスピード融資を魅力に感じて
利用している人が多いはずです。

 

急にお金が必要になってしまった…という思いがけない出費が、最も多い理由の1つでしょう。

 

現在では、ほとんどの消費者金融系は即日融資が可能になっています。
そして、銀行系や信販会社系もインターネットからのカードの申し込みシステムが整いつつあるので
仮審査などは、いずれも速くなってきているのが現状です。

 

即日融資を希望する場合は、利用したい日の午前中など早い時間に申し込みをすると、
数時間後には融資がうけられる可能性が高くなります。

 

インターネットの申し込みもとても便利なのですが、
消費者金融系の大きなウリは自動契約機の活用ができる点にあります。
その場で審査結果が出て、その場でお金を受け取ることも可能だからです。

 

急にお金が必要となるシーンに遭遇した場合、店舗窓口に出向くことができなかったり、
身近にインターネット環境がないといったこともあります。
こんなときは、消費者金融系の自動契約機は本当に助かります。

 

しかしスピーディーといっても、業者によって審査にかかる違いは微妙に異なりますので、
申し込む前にはしっかり確認しておくことをオススメします。

■信販系カードローンの特徴

信販系カードローンの特徴は、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの
中間的な位置づけにあるといえます。クレジットカード会社のということもあり、安心感があり
気軽に借り入れをする人が多いと考えられます。

 

信販系カードローンの審査条件はさほど厳しくはないので、
銀行系カードローンの審査におちた方でも、信販系のカードローンの審査は
通ったというケースもよくあるとのことです。

 

もし銀行系の審査に落ちても、一度信販系カードローンにお申込みしてみては?

 

金利は、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの間といった感じで
銀行系よりも若干高い、というイメージを持っている人も多くいますが、
現在では、銀行系と同等の金利で貸し出しをする信販系カードローンも増えてきました。

 

銀行系と同等か若干高い金利にもかかわらず、銀行系とくらべて審査に通りやすく、
なおかつ信販会社によるカードのため非常に安心感があるということになれば、
信販系カードローン利用しない理由はありません。

 

またクレジットカードと一体となった信販系カードローンであれば、
買い物からいざというときの急な出費まで
1枚のカードですべて対応出来てしまうので、とても便利です。

初めて借入れでも、安心です。

 

上記では、おおまかに3つに分類したカードローンの内容を述べました。

 

昨今の大手カードローン系業者は『安心』『信頼』『計画性』を謳ったものが多く
いずれの会社も、クリーンで好感のもてる印象が特徴です。

 

それでは、初めてのカードローンを体験してみましょう。

 

初めての場合は、やはり消費者金融系カードローンがCM効果で身近であり、スピーディーです。
基本的に消費者金融系は、"初めて利用する人"を歓迎する傾向にあります。

 

会社勤めの方はもちろん、パートやアルバイト方でも定収入があれば
お金を初めて借りる!という方であれば、審査においても特に大きな心配は要りますせん。

 

ほとんどの消費者金融系会社は、初めて利用する人の審査は通ると考えられますので、
必ず大手業者を選択し、絶対に小規模な消費者金融や、悪質な業者を利用しないことが大切です。

 

小規模な消費者金融や悪質な業者には、未だに法外な金利を取るところが存在します。
大手業者なら金利も法律で定められた金利ですし、返済も非常にラクで安定感など信頼も違います。
万が一返済が滞ったとしても、強引な取立てなどもありません。

 

他に、カードローンをはじめての利用する場合の注意点としては
本人確認書類と収入証明書が必要となります。

 

尚、収入証明書については、
業者によって差異があり、借入金額で必要な場合とそうでない場合があります。

 

『会社に確かめたり調べるの面倒だ』『本人確認書類だけで借りたい』という方は
ご自身の選んだ業者が、いくらの借入額で収入証明書が必要になるのかを調べておく必要があります。


ホーム RSS購読 サイトマップ